レイテンシーに悩まない!○○を使ってマッチEQをコピー!?


-導入-

今回の更新は第5回のリアンプをせずにリアンプを再現!?○○活用術!!に関連した記事です。
なので少しニッチな内容となっております。

こんな方におススメ

  • マッチEQが手元にない、買うほどではないが気になる
  • インサートにマッチEQを挿すスロットが余ってない
  • マッチEQだとレイテンシーが気になる、出したくない
  • かといってLiner phaseモードではかかり方が変わる等
  • アンシミュのビルトインキャビネットをもっと自由に組み合わせたい
  • 何時も同じEQで削る音域と量も同じで、手間を省きたい箇所がある

リアンプモドキ、マッチEQの記事の際には触れていませんでしたが、ギターの音つくりだけにマッチEQを何時もより余計にささなければなくなりますし
マッチを施すとかなり派手なカーブを書くことになりますのでレイテンシーは避けられない問題となってきます。
かといってLiner phaseモードでは少し気になる点が出てくる人もいるかと思います。
5回の「まとめ」でも触れていましたがフリーでマッチEQができる物がないというの問題?もありました。
そんな方への解決策となるかもしれない方法を紹介していきたいと思います。
何を使ってこれらを解決していくかというと

 

Impulse Response(IR)です。

 


-概要-

まずImpulse Response(以下IR)を使うとどう解決していくのか?ということですが、

今回の記事でのIRはリバーブ的な役割よりもEQの掛かり具合をキャプチャーしていくという使い方で
導入部分で述べたような問題を解消する鍵となります。
こちらが今回の参考となる動画です。

今回も、ブログではお馴染みとなりつつあるAndrew Wade氏の動画で、これは個人的に投稿しているものの一つです。
短くソードマスターヤマトばりのテンポで解説していっているので実際に見てみるとわかりやすいかと思います。
動画で説明されてる以上のことでもないのですが、要するに

「元素材のIRとマッチEQの二つをかけた結果となる周波数特性を一つのIRとして保存」してしまうという事です。

なのでマッチの段階でオリジナル足りなかった、多すぎた音域を少し加工して別のIRを作ることもできたりします
例えば最初からハイパス、ローパスをかましておけばその後に入れなくても済む、しかもゼロレイテンシー、なんて使い方もできます。
ギター以外にも例えば
「何時も使うドラムキットのキックには絶対Q10でOOhzを-OOdbで付属EQでOOhzを-OOdb~」みたいな使い方をしている人は
このようにIRデータとして纏めてかつレイテンシー問題を解決しつつ作業できます。
MixノブがついているIRローダーを使えば少し違った係り具合も調整できるかと思います。

しかもWade氏のクリップ音から生成する方法を使えばデモモードで使用期限があるものや、数秒間隔で無音が入ってしまうものなんかの係りが
擬似的に再現できてしまうわけです。
(※この辺はグレーゾーンですのでコピーして気に入ったプラグインはディベロッパーにお布施していきましょう)
ただもちろんダイナミックEQやマルチコンプなどのイコライジングはソースにより係りが違うのでキャプチャーできません。

マッチEQに関しての知識がいまいちピンと来ていない方は
第5回のリアンプをせずにリアンプを再現!?○○活用術!!
スリープフリークスさんの動画を参考にしてみてください。

ちなみにこちらはAndrew Wade氏がテンポよく解説したものです。こちらは少しメタルギタリスト向けな内容となっています。

次の実例のほうで少し細かく見ていきたいと思います。

 


-実例-

新しい曲もないのでまたこちらからWavを持って来ました。

機材等は第一回ハイゲインでも分離よく!-激しい歪みには○○を!-をご覧ください。

そしてマッチEQは今回もVexengoのCurve EQを使います。
このプラグインはデモバージョンで使おうとすると無音部分が挟まれて当然実践では使えません。
しかしこのIRを作る方法を駆使していけばマッチしたEQを楽曲通して全編で使えてしまう、ちょっとセコイ技です。

Curve EQの使い方マッチ等は第五回リアンプをせずにリアンプを再現!?○○活用術!!をご覧ください。

まずこちらがオリジナル音源です。
IRはRosenDigitalのIRローダーPLUSEのビルトインのIRを使っています。

  • PULSE Cab 

  •  

    このIR、完全にプラグインに組み込まれているのでWavとして取り出すのは不可能で、他のソフトで読み込ませたくてもできないようになっています。
    せっかくなので、今回はそれを擬似的に取り出してみようという実験もかねてやってみました。

    そして適当に選んだ「Diezel V30 (6505 preamp)」といものを使いました。確か5,6年くらい前にどこかのフォーラムで拾った物だと思います

  • Diezel V30 (6505 preamp)
  •  
    これらを解析してマッチEQを作ります。


    緑がPLUSE IR
    赤がDiezel V30 (6505 preamp)
    オレンジの折れ線グラフがマッチEQです

    そしてマッチEQの音源がこちらです。

  • Diezel V30 (6505 preamp)にマッチEQをかけた物
  •  
    ぱっと聞いた印象では大分近いですね、流石です。

    第5回と同じような内容となっていますが、ここからが本題です。
    このままだとインサートにIRローダーとEQの二つを置かなければいけなかったり、問題が多いです。

    アンシミュをバイパスし、DiezelV30とマッチ済みのCurve EQだけ読み込ませたトラックを作ります。
    そこにWade氏の「Pure Impluse」を置き、動画のとおりに書きだし調整しました。
    出来上がったWAV、IRファイルだけを読み込ませたものがこちらです。

  • マッチEQから生成したIRのみ
  •  
    マッチEQの音とほぼ同じ音といってもいいのではないでしょうか?
    これなら通常通りアンシミュとIRを読み込ませただけで済みますし、NadIR等を使えばゼロレイテンシーで作業ができます。

    手順が少し多いかと思いますが、スウィープ音を使ったIRの作成とは違いクリップ音なので手間が大分省けてるかと思います。
    書き出しも数秒で済むのがありがたいところですね。

    せっかく作ったのでこちらにPLUSEビルトインCabIRを張って置きます。怒られたら配信は停止いたします。
    ※片手間で作ったので本物とは若干の差があります、ご了承ください。
    【擬似Pluse CabIR】

     


    -IRを活用した物-

    他にもIRの特性を活かした?ものがあるのでついでにご紹介しておきます。

    その一つの

    プリアンプIR

    なんてものがありました。(過去形)
    こちらの動画がそのデモです。

    IRをオンにするとバイト感とプレゼンスがぐっと上がってリアルさが増してるのが分かるかと思います。
    説明がまったくないのでどのように生成したのかは謎ですがおそらく

    同じモデルの実機のWAVとアンシミュのWAVをマッチEQさせたものをキャプチャー、それか
    [IR用SWEEP音→リアンプBOX→アンプ→アンプのFX send→PC]

    で生成したものなのかなと勝手に想像しています。
    胡散臭いような話ですが、自分も4,5年前に見つけて一時期アンシミュとIRの間に絶対入れるほど愛用していました。
    今と違って質のいいシミュレーターがまだ出揃ってなかったからこその工夫かなと思います。
    これもIRの周波数特性をキャプチャーする、ということの応用なのだと思います。

    当時よくわかっていなかった自分は他の人もPreampのIRを作る流れになるかなぁとも思ったんですが、アンシミュの質の向上とともにまったく広がらずに終わってしまいました。
    終始使ってると言う人も見かけませんでした、アイデア自体はすごい面白いと思ったのですが…
    悲しいことに既にリンクが切れているので、もし希望者がいれば手元の2種類を記事に張りたいと思います。

    さらに補足しておきますとこのIRの製作者は「Messiah cab」の人です。
    プロセス済み有料キャビネットIRの先駆者として少し有名かなと思います。いまではそのMessiah cabも終了し新しいプロジェクトに移行しているようです。

    唯一のもう一人の製作者FrankTheSmithさんの5150の物はまだ残っているようです。
    こちらは嫌なハイを抑えてミドルを足す感じです。もしかしたらBiasと相性がいいかもしれません。

     


    脱線ついでにもう一つの例を紹介しますと

    SSLコンソールシュミレートIR

    なんてものもあります。

    これまた眉唾物ですが、デモを聞いてみると結構違いが出てるのが分かると思います。
    EQの設定を弄りで倍音付加がかかっている状態をキャプチャーすることに成功した、と説明しています。
    最初は無料配布だったらしいですが今では10ユーロになっています。
    正体不明なものに10ユーロは若干気が引けますが良さそうではあるので、購入者のレビューが聞きたいところですね。
    全トラックにIRをさすとなるとそれだけでも負荷が凄いことになりそうですが…

    FLO Audioさんは他にも実験的なものから実用的なリバーブまであり、アナログ感あるレトロな音がとても魅力的なので応援していきたいです。

     


    -まとめ-

    以上がマッチEQを活用したIRつくりでした。これを使えばマッチEQを買う予定のない方でも機能を十分に使って楽曲に取り込めるかと思います。
    気に入ったIRは保存しておけばいつでも呼び出せますし、このソフトのキャビネット凄く気に入っているのにそれだけの為だけに立ち上げるのは面倒
    または他の製品と組み合わせてみたいといった物も下準備しておけばすぐにできます。

    そのほかギター以外にも、位相を気にしたいがEQでカーブを沢山書く処理(キックやベースなど)の代用としてなどなど、
    EQをキャプチャーするという事の用途は意外と用途は沢山あったりします。
    このあたりは何時も決まっている処理をするもの、音、プリセットを作るようなイメージで作業に組み込んでいくと効率がよくなるかと思います。

    正直IR技術に関して知識や仕組みを100%理解しているわけではないので、怪しい部分もあるかと思いますが、
    何かお気づきの方いたらコメントお願いします。
    補足部分ではデジタル時代ならではの何処にも残らずにひっそりと消えていく問題とギターの音で四苦八苦していた時代を感じて、ノスタルジーな気分に成れました笑
    改めて今の製品はよくできていると思います。

    更新が途切れていて申し訳ありませんでしたが、最後まで読んでいただいてありがとうございます!
    ご意見、ご質問、自分でもやってみた等報告
    なんでも結構ですので気軽にコメント欄お使いください。

    [※AdBlock等で↓のシェアボタンが消えてしまう場合があります※]

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA